文字サイズ

    11月の景気動向指数、10年1か月ぶり高水準

     内閣府が11日発表した2017年11月の景気動向指数(CI、2010年=100)の速報値は、景気の現状を示す一致指数が前月より1・7ポイント高い118・1となり、2か月連続で上昇した。

     07年10月(118・7)以来、10年1か月ぶりの高い水準だった。

     内閣府は基調判断を、14か月連続で「改善を示している」とした。景気動向指数は、生産や消費、雇用など、景気の動きに敏感に反応する経済指標を組み合わせて算出される。

     世界的にスマートフォンや自動車向けの半導体の市場が拡大し、半導体製造装置や集積回路(IC)の生産や出荷が好調だった。11月に気温が低く推移した影響で、灯油やエアコンの売れ行きも好調だった。

    (ここまで303文字 / 残り101文字)
    2018年01月12日 09時02分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    読売プレミアムに登録された方 記事の続きへ
    未登録の方新規登録へ
    おすすめ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP
    大手町モールのおすすめ