文字サイズ

    廃校小学校にビジネスカレッジ…8割外国人想定

    • 専門学校に生まれ変わる旧玉津小学校(瀬戸内市邑久町尻海で)
      専門学校に生まれ変わる旧玉津小学校(瀬戸内市邑久町尻海で)
    • 握手を交わす田中社長(左)と武久市長(瀬戸内市邑久町尻海で)
      握手を交わす田中社長(左)と武久市長(瀬戸内市邑久町尻海で)

     岡山県瀬戸内市邑久町尻海の旧玉津小学校の校舎に今春、2年制の専修学校「日本ITビジネスカレッジ」が開校する。

     留学生の職業紹介などを手掛ける会社「アジアマーケティング」(福岡市)が、学校法人と学校設置の認可を受けており、学生の8割程度は外国人を想定。市の校舎活用事業で、地域活性化が期待されている。

     同小学校は児童減少のため、2013年3月に廃校となった。市は16年3月、跡地利活用事業を公募。同社の専修学校事業を採用し、昨年12月に県から認可を受けた。

     「国際ビジネス」「外国語」の2学科で、定員は各80人。国際ビジネスは農水産ITと貿易の専攻があり、プログラミングや貿易業務を学ぶ。外国語では、日本語や中国語、英語を学ぶとしている。

     同社の田中旬一社長は瀬戸内市出身で、学校法人「せとうち」の理事長に就任。教員は専門家や実務経験のある6人を確保、非常勤も予定している。学校には通信環境を整備し、トイレなどを改修して使用する。昨年12月26日時点で、日本人のほか、ミャンマー、スリランカ、ベトナム人から15通の願書が届いているという。

     田中社長は「瀬戸内市の農業や漁業をリサーチして、ビジネスコンテストを開くなどし、海外で販路開拓ができる学生を育てたい」と意気込み、武久顕也市長は「地域経済の活性化を図ると共に、母国で活躍する人材を育ててほしい。この学校で学んだ人たちが、日本や瀬戸内市を好きになってくれれば」と期待している。

     オープンキャンパスは、今月27日と2月10日に開かれる。問い合わせは、同法人(0869・24・8588)。(水原靖)

    2018年01月13日 16時50分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    おすすめ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP
    大手町モールのおすすめ