文字サイズ

    米財政赤字10年で770兆円…国防費増と減税

     【ワシントン=山本貴徳】米国のトランプ政権は12日、2019会計年度(18年10月~19年9月)の予算教書を発表した。

     米軍の再建を目指して国防費を増やす一方、大型減税によって歳入は減り、今後10年間の財政赤字は計7兆950億ドル(約770兆円)と、昨年の見通しから2倍以上に膨らむ。27年度に財政収支を黒字に転換するという目標も断念する形となった。

     予算教書は政府が議会に示す財政の方針で、同日議会に提出された。経済成長を通じて財政再建も実現するという公約は大きく後退している。

     歳出は10年間で3・7兆ドル増えると試算した。トランプ氏は安全保障の基本方針を「力による平和」と位置付けており、米軍の増強による国防費の増額が続くほか、老朽化したインフラ(社会基盤)の改修費用として2000億ドルを盛り込んだ。これに対し、歳入は法人税率や所得税率を引き下げたことで、伸び悩み、0・2兆ドル減る。

    (ここまで397文字 / 残り306文字)
    2018年02月13日 15時59分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    読売プレミアムに登録された方 記事の続きへ
    未登録の方新規登録へ
    おすすめ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP
    大手町モールのおすすめ