文字サイズ

    採用予定「増やす」、100社中30社…大幅増

     読売新聞社と日本テレビ放送網は16日、主要100社を対象にした2019年春入社の新卒採用アンケート調査の結果をまとめた。

     採用予定数を18年春入社より「増やす」とした企業は30社に上り、前年調査(20社)から大幅に増加した。

     人手不足や業績の回復を背景に、企業が人材確保に積極的になり、学生が就職先を選びやすくなる「売り手市場」が一段と強まっている。

     「前年並み」は53社と前年調査と同数で、「減らす」は9社となり、前年調査の21社から大幅に減った。「未定・その他」は8社だった。

     業種別でみると、業績が回復傾向にある鉄鋼やゴムなど素材産業で前年の採用減から一転して採用増とする企業が目立った。人手不足が深刻な運輸や建設、不動産、流通業界の採用意欲も高い。

    (ここまで329文字 / 残り94文字)
    2018年04月16日 20時31分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    読売プレミアムに登録された方 記事の続きへ
    未登録の方新規登録へ
    おすすめ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP
    大手町モールのおすすめ