文字サイズ

    中国、車の外資規制を全廃へ…22年までに

     【北京=鎌田秀男】中国政府は17日、外国の自動車メーカーに対する中国国内での出資規制を2022年までに全廃すると発表した。

     中国企業との折半出資による合弁を義務付けてきたが、全額出資による自由な経営を期待できる。米トランプ政権との貿易摩擦を回避するのが狙いとみられる。

     中国は、外資企業が国内で自動車メーカーを設立する場合、出資の上限を50%に定めている。このため、日本や米国などの自動車メーカーの大半は、中国企業と折半出資で合弁会社を設立してきた。

     発表によると、まず18年に電気自動車(EV)など新エネルギー車メーカーに対する出資規制を撤廃する。20年にはトラックなど商用車、22年には乗用車に拡大し、自動車に関しては全廃する。外資の合弁相手は地元企業2社までとする規制も、同時になくす。

    (ここまで347文字 / 残り316文字)
    2018年04月17日 21時52分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    読売プレミアムに登録された方 記事の続きへ
    未登録の方新規登録へ
    おすすめ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP
    大手町モールのおすすめ