<速報> 英首相、EU単一市場からの離脱を正式表明
    文字サイズ
    知事選、政令市長選など地方戦に関する最新ニュースをお伝えします。

    青森市長選、小野寺晃彦氏が初当選…3新人破る

    • 当選確実となり、花束を手に支持者と握手をする小野寺氏(27日、青森市東大野の事務所で)=三上津与美撮影
      当選確実となり、花束を手に支持者と握手をする小野寺氏(27日、青森市東大野の事務所で)=三上津与美撮影

     青森市長選は27日、投開票が行われ、無所属の新人で元総務省職員の小野寺晃彦氏(41)が、前青森県議の渋谷哲一氏(55)ら無所属の3新人を破り、初当選を果たした。

     投票率は48・78%(前回48・38%)だった。

     小野寺氏は自民党県連や公明党支部の支援を受け、市政刷新を訴えて支持を広げた。渋谷氏は民進、共産、社民各党の県組織や、10月に辞職した鹿内博前市長(68)の支援を受けたが及ばなかった。鹿内前市長は、市の第3セクター破綻の責任を取って辞職した。

    2016年11月27日 23時03分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    おすすめ
    PR情報
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP