文字サイズ
    知事選、政令市長選など地方戦に関する最新ニュースをお伝えします。

    浦安市、最大4同日選に…松崎氏の知事選出馬で

     千葉県浦安市の松崎秀樹市長が来年の県知事選に立候補する方針を固めたことで、浦安市長選に注目が集まり、関係者が気をもんでいる。

     同市選挙区選出の県議や市議が市長選に出馬した場合、状況次第では最大四つの選挙が同時に行われる可能性があるからだ。

     知事選は来年3月9日告示、同26日投開票の日程が有力視されており、松崎市長は、市長選を同日選にしたい考え。2月上旬以降の辞職通知で同日選に持ち込めるという。

     市長選への出馬が取りざたされているのは、同市選挙区選出の内田悦嗣・自民党県議や矢崎堅太郎・民進党県議、折本ひとみ市議ら。内田氏と矢崎氏は県議3期目で、折本氏は市長選に出馬した経験がある。

     自民党のベテラン県議は「候補として内田氏が有力だ」と語る。これに対し、矢崎氏は「自分が出た方が良いのか、応援に回るのが良いのか決める」としている。折本氏は態度を明らかにしていない。

     公職選挙法によると、知事選の告示日の前日までに県議の欠員通知があった場合、知事選と同時に県議補選を行う。市長選の告示日の11日前までに市議の欠員通知があった場合、市長選と同時に市議補選を行う。

     状況によっては知事選と市長選に加え、県議と市議の両補選が行われる可能性もあり、選挙に携わる関係者は「一体どうなるのか」と動向を注視している。

    2016年12月02日 10時59分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    おすすめ
    PR情報
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP