文字サイズ
    知事選、政令市長選など地方戦に関する最新ニュースをお伝えします。

    小池系が都議ら公認へ…都議選、1次5人程度

     今年7月に任期満了となる東京都議会議員選挙(定数127)に向け、小池百合子都知事の政治塾を運営する政治団体「都民ファーストの会」が、今月中旬にも現職都議ら5人程度を1次公認することが関係者への取材で分かった。

     同会では協調路線を取る公明党などと合わせて都議会の過半数を獲得するため、都議選では40人の当選を目指す。

     1次公認される見通しなのは、昨年7月の都知事選で小池知事を支援した都議会会派「かがやけTokyo」の都議3人に加え、知事を支援して自民党を除名された豊島、練馬両区の区議らから1~2人。政治塾が7日に行う「都議選対策講座」の選抜試験を受け、問題がなければ正式に公認決定する。「かがやけ」の3人は公認を受けた後、会派名を「都民ファーストの会」に変更する予定。

    (ここまで336文字 / 残り395文字)
    2017年01月06日 08時36分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    読売プレミアムに登録された方 記事の続きへ
    未登録の方新規登録へ
    おすすめ
    PR情報
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP