<速報> 定員超過のこども園、兵庫県が認定取り消し
    文字サイズ
    知事選、政令市長選など地方戦に関する最新ニュースをお伝えします。

    美濃加茂の出直し市長選、無投票一転し選挙戦か

     受託収賄罪などで逆転有罪判決を受けた岐阜県美濃加茂市の藤井浩人・前市長(32)(上告中)の辞職に伴う出直し市長選(22日告示、29日投開票)の立候補予定者説明会が6日、市内であり、出馬準備を進める藤井氏の陣営以外に新人2人が出席して、新たに無所属で立候補する意向を表明した。

     出直し選は選挙戦となる公算が大きくなった。

     立候補を明らかにしたのは、ともに同市に住む無職鈴木勲氏(72)と、喫茶店経営小野正勝氏(67)。任期は、藤井氏が再選された場合は残りの6月1日までで、5月までに再び市長選が行われる。藤井氏以外が当選した場合の任期は4年間。

     鈴木氏は「判決を選挙に持ち込むのは乱暴だ。選挙は政策を選ぶものだ」と強調した。鈴木氏は2014年の同市議選で落選した。

     小野氏は「藤井氏の辞職を受けて以前から考えていた出馬を決めた。託児所の充実や企業誘致に取り組みたい」と述べた。

    (ここまで388文字 / 残り284文字)
    2017年01月07日 09時29分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    読売プレミアムに登録された方 記事の続きへ
    未登録の方新規登録へ
    おすすめ
    PR情報
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP