文字サイズ
    知事選、政令市長選など地方戦に関する最新ニュースをお伝えします。

    カジノ反対の元衆院議員、横浜市長選出馬を表明

    • 長島一由氏
      長島一由氏

     神奈川県逗子市長を3期務めた元衆院議員長島一由氏(49)が11日、今夏の横浜市長選に無所属で立候補すると表明した。

     現市政が前向きな統合型リゾート(IR)の誘致について、反対を訴えるという。

     長島氏はこの日、市内で記者会見し、政策を発表。IR誘致反対について「カジノによりギャンブル依存症が増えるという懸念が、払拭されていない。臨海部には映画やアニメのテーマパークを誘致する」と説明した。逗子市長時代に実施した市長交際費廃止のほか、企業・団体献金を受け取らないことも盛り込んだ。

     長島氏は川崎市出身で、東大大学院法学政治学研究科修了。2009年衆院選で民主党(現在の民進党)公認で神奈川4区(横浜市栄区、逗子市など)から出馬し、初当選。1期務めた。

     横浜市長選への出馬表明は初めて。現在2期目で、IR誘致に前向きな林文子市長(70)は態度を明らかにしていない。

    2017年01月12日 08時53分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    おすすめ
    PR情報
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP