文字サイズ
    知事選、政令市長選など地方戦に関する最新ニュースをお伝えします。

    積極擁立、日本新党がモデル…小池都知事

     東京都の小池百合子知事は6日、読売新聞の単独インタビューに応じ、千代田区長選の結果について「報道各社の出口調査で小池都政に対して非常に高い支持をいただいたことは大変心強い」と手応えを述べた。

     小池知事が日本新党時代、候補者選考に携わって20人を当選させた1993年の都議選をモデルに、候補者を積極的に擁立する考えも示した。

     都議選の候補者選定については「いろんな人たちが手を挙げているが、(93年)当時もそうだった」と振り返りつつ、「地縁があった方がプラスの場合もあれば、全くない方が良い場合もある。どの選挙区にどの人が合うかはオーダーメイドで決める」と述べた。

     「都民ファーストの会」の獲得議席については、「改革勢力で過半数当選を目指す。それは当然だ」と目標を掲げた。

    (ここまで336文字 / 残り199文字)
    2017年02月07日 07時04分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    読売プレミアムに登録された方 記事の続きへ
    未登録の方新規登録へ
    PR情報
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP