文字サイズ
    知事選、政令市長選など地方戦に関する最新ニュースをお伝えします。

    夏の都議選で公認受けた現職都議、民進離党へ

     夏の都議選で民進党の公認を受けている中山寛進ひろゆき都議(44)(台東区)と、田之上郁子前都議(46)(江戸川区)が、近く離党届を提出することがわかった。

     都議選に向けて同党の現職都議が離党するのは初。

     中山氏は、中山義活・元衆院議員の長男で、読売新聞の取材に、「小池(百合子)知事が掲げる東京大改革を進めるため、より多くの支持者から支持を得たいと思った」と離党の理由を述べた。

     今年1月にも同党の公認を受けていた前都議2人が離党届を提出し、その後、小池知事が事実上率いる「都民ファーストの会」の公認を受けた。

    2017年03月09日 08時00分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    PR情報
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP