文字サイズ
    知事選、政令市長選など地方戦に関する最新ニュースをお伝えします。

    西之表市長選、八板氏が当選…米軍機訓練反対派

     鹿児島県西之表市長選の再選挙が19日投開票され、新人の元朝日新聞記者・八板俊輔氏(63)(無所属)がほかの新人3人を破り、初当選した。

     在日米軍再編計画に伴い、同市の馬毛まげ島が移転候補地として検討されている米軍空母艦載機離着陸訓練(FCLP)の受け入れの是非が主な争点となったが、反対派の八板氏が激戦を制した。

     計画では、空母艦載機の米軍厚木基地(神奈川県)から岩国基地(山口県岩国市)への移駐に伴い、FCLPも硫黄島(東京都)から移転される。

     1月の選挙で立候補した6人がいずれも法定得票(有効投票数の4分の1)に届かなかったことに伴う再選挙。投票率は71・65%となり、1月(77・26%)を下回った。

    (ここまで307文字 / 残り195文字)
    2017年03月19日 22時23分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    読売プレミアムに登録された方 記事の続きへ
    未登録の方新規登録へ
    PR情報
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP