文字サイズ
    知事選、政令市長選など地方戦に関する最新ニュースをお伝えします。

    静岡知事選、自民県連は独自候補立てず

    • 出馬断念を表明する宮沢幹事長(中)ら自民党県連三役(静岡県庁で)
      出馬断念を表明する宮沢幹事長(中)ら自民党県連三役(静岡県庁で)

     6月25日投開票の静岡県知事選に出馬の意思を固めていた自民党県連の宮沢正美幹事長(67)は2日、記者会見を開き、出馬断念を表明した。

     県連は独自の候補者を立てないことを決め、自主投票となる見込み。知事選には、現職の川勝平太知事(68)と、バルセロナ五輪柔道銀メダリストの溝口紀子氏(45)が出馬を表明している。

     自民党県連は2日、県連の役員会などを開き、宮沢氏について対応を協議した。出席者によると、溝口氏の出馬により川勝知事への批判票が分散することを懸念する意見のほか、負けた場合の議会運営への影響を心配する声もあり、宮沢氏の出馬に否定的な意見が大半を占めた。

     その後、役員らが宮沢氏と協議し、県議団の議員総会で宮沢氏は出馬断念を表明。県連幹事長の辞任も了承された。宮沢氏は記者会見で、「党や県連の推薦を得たかったが、慎重に対応すべきだという意見が多かった。断腸の思いで出馬を断念する」と述べた。

     6月の知事選に向け、自民党県連は、昨年から県出身の著名人や官僚などの出馬を模索してきたが、擁立は難航を極めた。今年2月頃からは、民進党の細野豪志衆院議員(45)が出馬すれば支援する構想を描いていたが、細野氏の不出馬により頓挫した。

     宮沢氏は、自民党が独自候補を擁立できなかったことについて、「県連に力がなかったと言われても仕方ない。私の責任で、節目節目で判断が間違っていたのかなと反省している」と述べた。

    2017年05月03日 11時48分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    PR情報
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP