文字サイズ
    知事選、政令市長選など地方戦に関する最新ニュースをお伝えします。

    横浜市長選告示、現職と新人の計3人が立候補

     横浜市長選は16日告示され、3選を目指す現職と新人2人の計3人が、いずれも無所属で立候補を届け出た。

     投開票は30日。

     自民、公明両党は、前回選に続いて林氏を推薦した。過去2回の市長選で林氏を推薦した民進党(当時民主党)は今回も推薦を検討したが、林氏がカジノを中心とする統合型リゾートの横浜誘致に一時前向きな姿勢を示したことに反発するグループが、民進党市議だった伊藤氏を擁立し、自主投票となった。長島氏も誘致に反対しており、争点の一つになっている。

     選挙戦ではこのほか、林氏の2期8年間の市政運営の評価などが争点となる。

              ◇

     はやし  文子ふみこ 71   無現 市長〈自〉〈公〉

     長島ながしま 一由かずよし 50   無新 (元)衆院議員

     伊藤いとう 大貴ひろたか 39   無新 (元)市議

     (届け出順、〈〉囲みは推薦政党。(元)は前職を含む)

    2017年07月16日 18時15分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    PR情報
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP