現在位置は
です

本文です

知事選、石原氏ら現職9氏が当選…40歳代も増える

 第16回統一地方選前半戦の13都道県知事選と44道府県議選、4政令市長選、15政令市議選は8日、一斉に投開票された。

 知事選では、東京で、自民、公明両党が事実上支援した現職の石原慎太郎氏(74)が約280万票を獲得、民主、社民両党の実質的な支援を受けた前宮城県知事の浅野史郎氏(59)らを大差で破り、3選を果たした。

 石原氏を含め、北海道、神奈川、福岡などで現職9人全員が当選した。景気回復に伴う経済・雇用情勢の好転などが現状を肯定する空気を生み、現職への「追い風」になったと見られる。

 また、岩手で前民主党衆院議員の達増(たっそ)拓也氏(42)が初当選するなど、40歳代の知事が増え、世代交代が進んだ。

 道府県議選では、民主党が前回より議席を大幅に増やし、弱点だった地方に一定の足場を築いた。

2007年4月9日3時4分  読売新聞)
現在位置は
です