文字サイズ
    世論調査に基づく内閣や政党の支持率を掲載します。

    内閣支持続落36%…不支持は最高の52%

     読売新聞社は7~9日、全国世論調査を実施した。安倍内閣の支持率は36%で、前回調査(6月17~18日)の49%から13ポイント下落し、2012年12月の第2次安倍内閣発足以降で最低となった。不支持率は52%(前回41%)で最高となった。支持率は2か月で25ポイントの大幅下落となり、安倍首相は厳しい政権運営を強いられそうだ。

    自民10ポイント減31%

     首相は9日午前(日本時間9日夜)、内閣支持率の落ち込みについて、訪問中のストックホルムで記者団に「国民の声として真摯しんしに受け止めたい。政策を前に進め、結果を出していくことで信頼を回復していきたい」と語った。

     第2次内閣発足以降、内閣支持率が30%台に落ち込んだのは初めて。これまでの最低は、安全保障関連法成立直後の15年9月調査の41%だった。不支持率が支持率を上回ったのも15年9月以来で、不支持の理由は「首相が信頼できない」49%(前回48%)が発足以降で最高となった。

     安倍内閣に「長期政権のおごりが出ている」という意見について、「その通りだ」は68%に上った。学校法人「加計かけ学園」を巡る問題について、首相が国会の場で改めて「説明すべきだ」は72%で、「その必要はない」は23%にとどまった。

     政党支持率は、自民党が31%(前回41%)に下がり、第2次内閣発足以降で最低となり、無党派層は47%(同40%)に増えた。民進党は6%(同7%)で大きな変化はなかった。

     東京都議選で、小池百合子都知事が率いた「都民ファーストの会」が勝利し、自民党が惨敗した理由については、「政府・自民党への批判」が60%、「小池知事への期待」30%。都議選の結果が今後の安倍内閣の政権運営に「影響がある」は「大いに」と「多少は」を合わせて85%に上った。

     同会の国政進出に「期待する」は37%で、「期待しない」の49%を下回った。

     稲田防衛相が都議選の応援演説で「防衛省、自衛隊としてもお願いしたい」などと述べた発言を「問題がある」とした人は「大いに」55%、「多少は」32%の計87%に達した。

     安倍首相が、自民党の憲法改正案を今年秋の臨時国会に提出する考えを示していることに「賛成」は37%、「反対」は48%だった。

    2017年07月10日 10時00分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    PR情報
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP