現在位置は です

1人区で民主8勝21敗、自民に大きく負け越す

 選挙区選は、全国に29ある改選定数1の「1人区」のうち、民主党が候補擁立を見送った沖縄を除く28選挙区で民主、自民両党の公認・推薦候補がぶつかり、自民党が沖縄を含め、21勝8敗と圧勝した。

 定数2の「2人区」は、すべての選挙区で民主、自民両党が議席を分け合った。

 民主党の公認・推薦候補が2004、07年の参院選ともに議席を得た1人区は、青森、岩手、山梨、三重、滋賀、奈良、岡山、長崎など11選挙区。今回は、当初優勢と見られた選挙区でも終盤では自民党と競り合う展開となり、栃木で簗瀬進参院予算委員長が自民党新人に敗れるなど相次いで議席を失った。

 自民党は、1人区で苦戦した07年も議席を確保した群馬、福井、和歌山、山口、大分、鹿児島の6選挙区のうち、大分を除く各選挙区で議席を確保。07年に民主党に敗れた鳥取、香川、徳島、佐賀で勝利するなど、自民党の地盤が強いとされる山陰、四国、九州などで議席を奪還した。

 これまでの参院選で、1人区の戦績は民主・自民の政治決戦に大きな影響を及ぼしてきた。小泉政権発足後、初の国政選となった01年参院選は自民党が25勝(当時の1人区は27)で圧勝。自民党が大敗した07年は、逆に民主党の公認・推薦候補が23勝(同29)したが、今回は自民党が07年参院選や09年衆院選で離れた保守層の票を取り戻し、選挙戦の動向を決めた。

 全国12の2人区は、これまで民主党と自民党が1議席ずつ分け合う事実上の「無風区」が多く、07年には民主、自民両党の公認・推薦候補が12選挙区すべてで1議席ずつを分け合った。

 しかし、民主党は今回、小沢一郎・前幹事長が主導して新潟、福岡を除く10選挙区で2人の公認候補を擁立。福岡では現職を公認し、無所属の新人を推薦した。福岡を含む10選挙区では現職と新人が争う構図となったが、連合など既存の支持基盤を持つ現職が優位に戦いを進め、新人が議席を確保したのは岐阜と、新人2人を公認した北海道の2選挙区にとどまった。

 一方、3人区の埼玉、千葉、神奈川、愛知、大阪と、5人区の東京は、民主、自民、公明、共産の各党に加え、みんなの党などが絡んだ混戦となった。

 民主党は、すべての3人区と東京で公認候補を2人擁立し、東京、愛知で2議席を得たほか、埼玉、千葉、神奈川、大阪で1議席を確保した。自民党は東京、埼玉、千葉、神奈川、愛知、大阪で議席を得た。公明党は公認候補を擁立した東京、埼玉、大阪で全員当選した。

 みんなの党は、東京、千葉、神奈川で議席を得た。共産、社民両党などは、選挙区選で議席を獲得することはできなかった。

2010年7月12日01時21分  読売新聞)


現在位置は です