現在位置は です

民主の実績・公約に厳しい評価…8団体検証

 参院選を前に、学者や経済人らでつくる「新しい日本をつくる国民会議」(21世紀臨調)は20日、都内で「政権実績・参院選公約検証大会」を開いた。

 参加8団体からは、民主党政権の実績や、民主、自民両党の参院選公約に厳しい評価が相次いだ。

 大会には経済同友会、日本青年会議所など8団体が参加し、6団体が評価を点数で示した。全国知事会は地域主権改革などに限って評価を行った。

 民主党政権の実績評価では、連合を除く各団体が「政策」「政権運営」ともに40点台以下とした。

 「予算組み替えや財源の手当てが不十分なまま、マニフェスト(政権公約)に掲げた政策実現のため予算規模を拡大させた」(日本総合研究所)、「マニフェストは大幅見直しに追い込まれているのに、国民に説明していない」(言論NPO)などの批判が相次いだ。

 参院選公約の評価は民主党が21〜64点、自民党は30〜54点。最高点は民主党が連合、自民党はPHP総合研究所だった。

2010年6月20日21時25分  読売新聞)


現在位置は です