文字サイズ

    参院選「必ず行く」55%、18~29歳21%

     読売新聞社の全国世論調査(17~19日)で、参院選の投票に「必ず行く」と答えた人は55%で、「なるべく行く」が33%だった。

     「たぶん行かない」は7%、「行かない」は5%。調査方法が一部異なるため、単純に比較はできないが、2007年以降の過去3回の参院選公示前の調査では「必ず行く」との回答が6割台に上っていた。

     参院選に「関心がある」と答えた人は、「大いに」と「多少は」を合わせて70%だった。10年と13年の参院選公示前に行った調査では、いずれも「関心がある」が全体で8割を超えていた。

     「18歳選挙権」が導入される今回の参院選は、投票率の行方が注目される。しかし、調査では全体的に投票意欲や関心が下がっており、投票率の低下が懸念される。

     調査の数字を年代別にみると、「必ず行く」と答えた人は、18~29歳で21%にとどまり、年齢が若いほど低かった。「関心がある」とした人は70歳以上で83%に上る一方、18~29歳では56%だった。

     過去3回の参院選投票率(選挙区選)は、07年が58・64%、10年が57・92%、13年が52・61%と低下が続いている。

    2016年06月20日 09時13分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    おすすめ
    PR情報

    開票結果

    党派別立候補者数

      選挙区 比例 改選 非改選 公示前
    勢力
    自民 73 48 25 50 65 115
    民進 55 33 22 45 17 62
    公明 24 7 17 9 11 20
    共産 56 14 42 3 8 11
    お維新 28 10 18 2 5 7
    社民 11 4 7 2 1 3
    生活 5 0 5 2 1 3
    こころ 15 10 5 0 3 3
    改革 10 1 9 2 0 2
    諸派 74 60 14 1 3 4
    無所属 38 38 - 4 7 11
    合計 389 225 164 120
    (欠員1)
    121 241
    (欠員1)

    「お維新」=おおさか維新の会、「生活」=生活の党と山本太郎となかまたち、「こころ」=日本のこころを大切にする党、「改革」=新党改革。

     
    PR
    今週のPICK UP

    参院選2016日程

    6月22日(水) 公示
    7月10日(日) 投開票
    PR
    今週のPICK UP