現在位置は
です

本文です

麻生外相「予想屋の話」…自民各派、参院選悲観論を否定

 自民党の28日の派閥総会では、党内外から出ている参院選の悲観論を打ち消す意見が相次いだ。

 麻生外相は28日の麻生派総会で、「選挙前から(与党の勝敗の)結果を予想しているなんて予想屋の話だ。我々はそれぞれの選挙区事情に基づいて候補者を徹底して応援する。これが正しい道だ」と強調した。

 谷津義男選挙対策総局長は伊吹派の総会で、「自民党への逆風は底をついた。毎週末の党の世論調査でも、最高に悪かった6月9、10日ころに比べ、16、17日、さらに23、24日は(参院選での自民党公認候補への支持は)右肩上がりになっている」と説明した。

 党の選挙対策責任者が、党が独自に実施している世論調査の内容を一部でも紹介するのは異例だ。選挙戦の苦戦に伴う沈滞ムードを一掃するために言及したと見られる。

 町村派の町村信孝会長も、「選挙結果を今から言うのは、ナンセンスの極み」と指摘した。

2007年6月29日10時31分  読売新聞)
現在位置は
です