現在位置は
です

本文です

「しょうがない」久間氏、辞任会見でも連発

 防衛省の初代大臣に就任して半年足らず。原爆投下についての「しょうがない」発言で、久間防衛相が引責辞任に追い込まれた。3日夕、省内で開かれた記者会見でも、無念さをにじませながら、「しょうがない」を繰り返した。

 被爆地からは批判が収まらず、選挙戦に事実上突入している参院選の各陣営では、様々な思惑が交錯した。

 午後4時30分、100人を超える報道陣が待ち構える防衛省11階の第一省議室に姿を見せた久間防衛相は、冒頭、問題の「しょうがない発言」について「不用意な発言だった。被爆者などの方々の心情を思うと大変申し訳なかった」と陳謝した。さらに「原爆投下を是認しているわけではない」と述べ、「(問題の発言をした)当日も『断じてあってはならないことだ』と何度も繰り返している」とも強調した。

 しかし、その後の質疑では、「九州弁でしょうがないというのが口癖で、すぐに出るんですよ」「今さらアメリカをうらんでもしょうがないでしょう」などと「しょうがない」を連発。辞任を決めた理由として「選挙で足を引っ張ることがあっては大変申し訳ない」と説明し、参院選への影響を聞かれると、「分かりませんねえ」とかわした。

 今年1月に念願の省昇格を果たし、初代防衛相となった久間氏。その直後にもイラク戦争について「(開戦は)判断が間違っていた」と述べるなど、発言がたびたび物議を醸してきた。「やっぱり私は語彙(ごい)が少ないんですよね。もう少しきちんと言葉を選びながら言うべきだったのかな。その点で誤解されていたことが多かった」と振り返った。

 トップの突然の辞任表明に、ある空自幹部は、問題の発言に関して「日本人にとって敏感なテーマ。大臣ならばもっと注意すべきだった」としながらも、「言うべき事はちゃんと言う人。現場の制服組としては頼もしく感じていた」と残念がった。一方、陸自幹部は「いずれこういう事態になるのは予想していた」と淡々とした表情。「参院選が終われば交代するとうわさされていたので、それほど驚きはない」と語った。

 一方、後任に国家安全保障担当の小池百合子・首相補佐官が決まったことについては、空自幹部は「安全保障の仕事をされていたので、『なるほど』という人事。防衛省や自衛隊のイメージアップになるのでは」と期待を込める。

 ただ、防衛庁時代も含めて初の女性トップに、別の幹部からは「男社会の自衛隊ではやりづらいのでは」との声も出た。

2007年7月3日23時14分  読売新聞)
現在位置は
です