現在位置は です

本文です

国民審査の期日前投票日にミス、気づかず発送

 北海道千歳市が発送した衆院選の投票所入場券で、「9日」とすべき最高裁判所裁判官国民審査の期日前投票の開始日を「5日」とする記載ミスがあったことが6日、わかった。

 最高裁判所裁判官国民審査の期日前投票は、最高裁判所裁判官国民審査法により、投票日の7日前から前日までと定め、公示日翌日からの衆院選の期日前投票とはずれている。総務省によると、国民審査の投票用紙は、裁判官の個人名を印刷する必要があり準備に時間がかかるという。

 千歳市選挙管理委員会によると、入場券は11月28日に約4万4000戸に発送したが、あて先不明で戻ってきた入場券を見た職員が30日に間違いに気づいた。データの入力ミスが原因で、チェックでも気づかなかったという。

2012年12月6日13時56分  読売新聞)
読売プレミアムに登録された方記事の続きへ
未登録の方新規登録へ

現在位置は です