現在位置は です

本文です

比例投票先、自民29%…民主12%維新11%

 読売新聞社は7〜9日、衆院選の第3回継続全国世論調査(電話方式)を実施した。

 衆院比例選の投票先について政党名を読み上げて聞いたところ、自民党が29%でトップとなり、民主党12%、日本維新の会11%などが続いた。

 公示直前の第2回調査(11月30日〜12月2日)と比べると、自民が10ポイント上昇し、ほぼ横ばいの民主、維新の会との差を広げた。日本未来の党は3%だった。

 投票先を「決めていない」との回答は26%(前回32%)に減った。新たに投票先を決めた有権者の多くが自民に流れたとみられる。

 支持政党のない無党派層も42%(同49%)に減り、その比例選投票先は自民15%がトップで、維新の会12%などが続いた。

2012年12月10日23時29分  読売新聞)
読売プレミアムに登録された方記事の続きへ
未登録の方新規登録へ

現在位置は です


今週のPICK UP

PR

国内線 空席照会・予約はこちらから ANA
出発空港 到着空港
搭乗日 出発時刻
搭乗クラス