現在位置は です

本文です

期日前投票システム、誤って電源コードが…

 高松市選管は6日夜、衆院選の期日前投票用のシステムの電源を誤って落とし、一時、投票者の受け付け作業が遅延するトラブルがあったと発表した。

 市選管によると、同日午後1時25分頃、10日に追加設置する期日前投票所との通信試験中に、市選管事務局にあるサーバーの電源コードが抜け、コンピューターでの投票者と選挙人名簿の照合が出来なくなった。紙台帳での照合に切り替えたが、当時、投票所を訪れていた十数人を最大15分待たせたという。システムは5時間半後に復旧した。

2012年12月10日08時59分  読売新聞)

現在位置は です