文字サイズ

    津市で投票者数を15人少なく発表するミス

     14日に投開票された衆院選で、津市(三重1区)では投票者数を15人少なく発表するミスがあった。

     津市選挙管理委員会によると、担当者が選挙区と比例選の投票者数をパソコンに入力する際、人数を打ち間違えたという。この影響で、比例東海ブロックに維新の党から重複立候補し、比例復活当選した松田直久さんの当落判定が大幅に遅れた。

     市選管によると、投票者総数と得票総数が合わないことに気付いたのは15日午前1時頃。確認作業を行い、約30分後に三重県選管に訂正の連絡をした。

     県選管は三重1区全体の投票成績の修正作業を行い、午前3時15分に確定した投票成績を、同28分には惜敗率確定を発表した。

    2014年12月15日 19時37分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    おすすめ

    党派別立候補者数

        小選
    挙区
    比例 重複 公示前
    勢力
    うち
    女性
    自民 352 42 283 341 272 293
    民主 198 29 178 197 177 62
    維新 84 9 77 83 76 42
    公明 51 3 9 42 0 31
    次世代 48 3 39 45 36 19
    共産 315 79 292 42 19 8
    生活 20 3 13 19 12 5
    社民 25 1 18 24 17 2
    改革 4 1 0 4 0 0
    諸派 49 22 5 44 - 0
    無所属 45 6 45 - - 17
    1191 198 959 841 609 479

    欠員1

    「改革」=新党改革。諸派は幸福実現党など。

    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP