<速報> NYマンハッタンで爆発、数人けが…米CNNなど
    文字サイズ
    選挙の争点や各党の動きをお伝えします。
    政治の現場

    区割り改定(1)東京7区

     衆院小選挙区の「1票の格差」を2倍未満に是正するため、97選挙区で区割り見直しが行われた。16日に施行された改正公職選挙法に基づき、次期衆院選から青森、岩手、三重、奈良、熊本、鹿児島の6県で小選挙区数が1減るほか、東京などで選挙区の境界線も大きく変わる。走り出す現場を追った。

    都議選惨敗 「開拓」に壁

     7月11日の昼下がり、水色のワゴン車が、目黒区の住宅街の路地をなめるようにゆっくり走った。

     「ここから先が、新しく選挙区となる地域ですね」

     座席で地図を広げていた野沢潔(68)はそう言うと、ポスター掲示に適した場所を車の窓越しに探し始めた。

     野沢は、自民党衆院議員・松本文明(68)(当選3回)の地元事務所で所長を務める。松本は前回2014年衆院選の東京7区で、民進党の長妻昭・元厚生労働相(57)(当選6回)に敗れ、比例選で復活当選した。次期衆院選では、長妻を小選挙区で倒しての勝利を目指す。

     東京7区の区割りが見直されて以降、野沢の仕事には「新たに選挙区となった地域の下調べ」が加わった。炎天下の住宅街を歩き回れば、汗がどっと噴き出る。還暦を過ぎた身には、かなりこたえるが、そうも言っていられない事情がある。

     自民党は7月2日の都議選で、過去最低の23議席に沈んだ。松本を支えてきた中野、渋谷両区の現職都議2人も落選。このうち1人は都議会議長だった。

     「松本先生の選挙区内は、ほぼ都議が全滅した。そういう意味では、大変ご苦労されるんだろうなと思う」

     落選した都議の1人は、松本が次期衆院選に向けて進むのは茨(いばら)の道かもしれないと悲観する。

     自民党は、目黒区でも2議席を失った。野沢が“下調べ”に入った目黒区の一部は、新たに東京7区となる。自民党目黒区議団幹事長の小野瀬康裕(45)は「目黒は9月がお祭りの時期。松本先生には、お神酒(みき)所を回ってもらう」と、地道な手法に「松本勝利」への活路を求める。

     松本にとって泣きっ面に蜂なのは、今回の区割り見直しで、自宅ですら東京7区の選挙区外になってしまったことだ。中野区北部にある家は「1票の格差」是正に伴い、東京10区に含まれることになった。松本後援会で30年以上にわたり事務局を務める岸宏昭(70)ら「選挙区外」に住むことになった有力支持者もいる。岸は「乱暴すぎる」と無念の表情を浮かべる。市区内で新たに選挙区の境界線を引かれた自治体では、こうした混乱が少なくない。

     焦りからか、松本の後援会には、次期衆院選に向けた活動の早期開始を求める声もある。しかし、都議選の結果が、それを許さない。松本は語る。

     「自民党は、国会議員のせいで惨敗した。それなのに、『次は私の選挙を』などとは、まだ言えない」

     自重の日々は続く。

    国政に都民ファ 民進警戒

     民進党内にも、区割り改定への戸惑いはある。

     都議選で3選を果たした長妻の元秘書、西沢圭太(38)は16日、長妻の名代として、選挙区から外れる中野区北部の支援者を回った。

     「将来的に、この地域が7区に戻ることもあるかもしれない。長妻さんには、顔を見せに来てほしい」

     名残惜しそうに言う男性(70)に、西沢は何度も頭を下げて礼を言うしか言葉がなかった。

     都議選で西沢を含め5議席にとどまるなど党勢が伸び悩む上に、打開策が見つからない民進党にとって、長年の支援者を失うのは大きな痛手だ。

     新たに選挙区となった地域での支援者開拓は、手探りが続く。長妻は、母校・慶応大の卒業者名簿に当たったり、新婚時代に住んだ目黒区のマンションの大家を約30年ぶりに訪ねてみたりと、知恵を絞る。支援を願う長妻に、大家は「おお、そうか」と驚きながらも、「当時を覚えている」と笑みを見せたという。

     前回選挙と異なるのは、選挙区の境界線だけではない。

     「都民ファーストに狙い撃ちされるなら衆院東京1~25区だろう」

     長妻は、小池百合子都知事率いる地域政党「都民ファーストの会」の国政進出を警戒するよう、周囲を引き締める。全25選挙区のうち21選挙区で境界見直しが行われた東京では、「小池新党」が誕生するかどうかも選挙を大きく左右しそうだ。(敬称略)

          

     東京7区 渋谷区全域と目黒、品川、杉並各区の一部、中野区の南部で構成される。改正公選法で、都内では25小選挙区のうち21選挙区で区割りが変更されたが、最も大幅な見直しが行われた選挙区の一つ。選挙区内にはJR山手線や中央線が走り、渋谷、原宿など若者に人気の街も含まれる。

     旧東京7区は渋谷、中野の両区全域だった。今回の区割り見直しで、有権者約15万人の中野区北部は隣接する東京10区に移る。(2017年7月20日の読売新聞朝刊に掲載された記事です)

    2017年09月29日 05時00分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    PR情報

    候補者(50音順)

    党派別立候補者数

        小選
    挙区
    比例 重複 公示前
    勢力
    うち
    女性
    自民 332 25 277 313 258 284
    希望 235 47 198 234 197 57
    公明 53 5 9 44 0 34
    共産 243 58 206 65 28 21
    立憲民 78 19 63 77 62 15
    維新 52 4 47 52 47 14
    社民 21 4 19 21 19 2
    こころ 2 1 0 2 0 0
    諸派 91 31 44 47 0 0
    無所属 73 15 73 - - 45
    合計 1180 209 936 855 611 472

    欠員3

    希望=希望の党、立憲民=立憲民主党、維新=日本維新の会、こころ=日本のこころ