文字サイズ
    選挙の争点や各党の動きをお伝えします。
    検証 アベノミクス

    (4)財政出動でGDP上昇

    税収増シナリオは狂いも

    • 配水管を入れ替える公共工事の現場に立つ十武建設の赤坂社長(右)(青森県十和田市で)
      配水管を入れ替える公共工事の現場に立つ十武建設の赤坂社長(右)(青森県十和田市で)

     十和田湖を抱え、八甲田山を望む青森県十和田市。人口6.2万人の同市に本社を置く「十武とうぶ建設」の赤坂憲孝社長は言う。

     「仕事は抱えきれないほどある。この状況はアベノミクスさまさまだ」

     請け負う仕事の約7割が公共事業。大手から仕事を受注し、国の経済対策に盛り込まれた道路工事などに参加してきた。社員17人で、六つの現場を掛け持ちするフル稼働の状態が続く。2012年12月の第2次安倍内閣の発足と歩調を合わせるように、5年ほど前から業績が拡大している。

     今春、「決算手当」を初めて支給した。夏冬2回の賞与とは別の「臨時ボーナス」で、その額は1人あたり10万円を超える。

     アベノミクスの「3本の矢」の一つ、「機動的な財政政策」の恩恵だった。

     財務省の統計によると、2016年度の建設業の経常利益は約6.4兆円と、2012年度の約2.3倍に急増した。

    施策の効果、首相は強調

     政府は毎年のように、公共事業や中小企業支援などを盛り込んだ経済対策を打ち出してきた。

     2016年の対策には、低所得者2200万人に対し、1人1万5000円の給付金の支給を盛り込んだ。消費税率8%への引き上げの影響を和らげる狙いからだ。

     名目国内総生産(GDP)は2012年度の495兆円から、2016年度には538兆円に増えた。

     安倍首相は28日、衆院解散後の自民党両院議員総会で、成果を強調した。

     「私たちは政権を奪還し、経済の低迷に終止符を打った。昨年とうとう、名目GDPが1997年以来、最高を記録することができた」

     首相は今回、消費税率を2019年10月に予定通り引き上げ、増税分を幼児教育の無償化などに充てる「使途変更」を掲げている。

     安倍首相の経済政策ブレーンで、内閣官房参与の藤井聡・京大教授は今月、ネットメディアで持論を展開した。

     「増税によるブレーキを上回る『アクセル』を、数か年の大型景気対策(15兆円規模を、3~5年程度)という形で確保できるのなら、(消費)増税をしてもデフレ脱却ができる可能性は皆無ではない」

     成長を最優先にすべきだとの考えを示したとみられる。

    国の借金、先進国で最悪水準

     経済が成長すれば、税収が増え、財政再建も進む。これが首相の主張である。

     2012~2015年度に、国の税収は毎年度、当初の見積もりより1兆~4兆円程度上回った。政府は、この上振れ分の多くを借金返済に充てるのではなく、補正予算の財源に回して景気をてこ入れしてきた。

     しかし、2016年度の税収は55.5兆円と、円高の影響などもあって7年ぶりに前年を下回った。シナリオに狂いが生じ始めている。

     国の歳出は97兆円。このうち、高齢化の進展で社会保障費が3分の1を占める。ただでさえ毎年30兆円を超える借金を新たにしなければ予算を執行できない。

     バブル崩壊後の90年代前半から財政出動を重ねてきた結果、国債など「国の借金」の残高は1000兆円を超えた。GDPの約2倍の規模で、先進国では最悪の水準にある。

     7月26日。ワシントンに本部を置く国際通貨基金(IMF)の理事会は、日本経済に対する評価が議題となった。定期的に行われる対日審査のためだ。

     「短期的には経済に対する財政支援が必要だ」

     「財政再建を急ぐべきだ」

     中期的な財政健全化の必要性では一致したものの、目先の対応を巡っては専門家の間でも意見が割れた。

     経済・財政運営のかじ取りは難しさを増している。(2017年9月30日の読売新聞朝刊の記事です)

     「検証 アベノミクス」5はコチラ

    2017年10月03日 14時00分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    PR情報

    候補者(50音順)

    党派別立候補者数

        小選
    挙区
    比例 重複 公示前
    勢力
    うち
    女性
    自民 332 25 277 313 258 284
    希望 235 47 198 234 197 57
    公明 53 5 9 44 0 34
    共産 243 58 206 65 28 21
    立憲民 78 19 63 77 62 15
    維新 52 4 47 52 47 14
    社民 21 4 19 21 19 2
    こころ 2 1 0 2 0 0
    諸派 91 31 44 47 0 0
    無所属 73 15 73 - - 45
    合計 1180 209 936 855 611 472

    欠員3

    希望=希望の党、立憲民=立憲民主党、維新=日本維新の会、こころ=日本のこころ