文字サイズ
    選挙の争点や各党の動きをお伝えします。
    選挙Q&A

    衆院選の仕組みは?

      衆院選の仕組みは。
      小選挙区比例代表並立制で行われる。有権者は、一つの選挙区から1人を選ぶ小選挙区選(定数289)と、政党を選ぶ比例選(定数176)にそれぞれ1票を投じる。小選挙区選は候補者名を、比例選は政党名を書く。1994年成立の政治改革関連法に基づき1996年衆院選から導入された。

    候補者、政党へ1票ずつ

      当選者の決め方は。
      小選挙区選では、最多得票の候補者が当選する。比例選は、全国11ブロック(定数6~28)ごとに各党の得票数を集計し、「ドント式」と呼ばれる方法で議席が配分される。各党の獲得議席が決まると、あらかじめ提出された名簿の上位から順に当選者が確定していく。
     

      現行制度の課題は。
      小選挙区選の候補者は、比例選と重複して立候補することができ、小選挙区選で落選しても復活当選することが可能だ。「有権者の審判で落選したはずなのに、救済される格好になるのはいかがか」との声がある。
     

     比例名簿登載者に重複立候補が多かったため、混乱が生じたこともある。郵政民営化が争点となった2005年衆院選では小泉首相率いる自民党が圧勝した。比例東京ブロックでは同党が8議席を獲得するはずだったが、比例名簿登載者の多くが小選挙区選で当選していたため、比例選で当選できる候補が足りなくなり、1議席が社民党に回る事態となった。

    2017年10月06日 10時00分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    PR情報

    日程

    10月10日(火) 公示
    10月22日(日) 投開票

    候補者(50音順)

    党派別立候補者数

        小選
    挙区
    比例 重複 公示前
    勢力
    うち
    女性
    自民 332 25 277 313 258 284
    希望 235 47 198 234 197 57
    公明 53 5 9 44 0 34
    共産 243 58 206 65 28 21
    立憲民 78 19 63 77 62 15
    維新 52 4 47 52 47 14
    社民 21 4 19 21 19 2
    こころ 2 1 0 2 0 0
    諸派 91 31 44 47 0 0
    無所属 73 15 73 - - 45
    合計 1180 209 936 855 611 472

    欠員3

    希望=希望の党、立憲民=立憲民主党、維新=日本維新の会、こころ=日本のこころ