文字サイズ

    投票で無料ドリンクも…「選挙割」飲食店で展開

    • 選挙割について話し合うメンバーら
      選挙割について話し合うメンバーら

     衆院選(22日投開票)に向けて、福岡県久留米市の主婦などでつくるグループ「アクションする母さんの会in久留米」が、投票すれば飲食店などでサービスを受けられる「選挙割」のキャンペーンを行っている。

     18日現在、約20店舗が参加しており、サービス期間は31日まで。

     同会のメンバーは、昨年7月の参院選でも、投票所の方向を示す矢印のポスターを街中に貼り、投票を促す活動を行った。同年10月の福岡6区補欠選挙では、政治や選挙を身近に感じるきっかけを作ろうと「選挙割」を企画。投票率アップを目指し、今回も行うことにした。

     投票すると各投票所で入手できる「投票所来所証明書」を参加店舗に提示すると、ソフトドリンクが無料になったり、商品が割引になったりするなど、店ごとのサービスを受けられる。

     店舗の情報は同会のホームページ(http://vote.2-d.jp/wp/)で。参加店舗の募集も続けている。同会の広松香奈美さん(35)は「気軽に選挙の話ができるきっかけになればうれしい」と話している。

     問い合わせは選挙割実行委員会(090・8768・2504)へ。

    2017年10月20日 09時57分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    PR情報

    候補者(50音順)

    党派別立候補者数

        小選
    挙区
    比例 重複 公示前
    勢力
    うち
    女性
    自民 332 25 277 313 258 284
    希望 235 47 198 234 197 57
    公明 53 5 9 44 0 34
    共産 243 58 206 65 28 21
    立憲民 78 19 63 77 62 15
    維新 52 4 47 52 47 14
    社民 21 4 19 21 19 2
    こころ 2 1 0 2 0 0
    諸派 91 31 44 47 0 0
    無所属 73 15 73 - - 45
    合計 1180 209 936 855 611 472

    欠員3

    希望=希望の党、立憲民=立憲民主党、維新=日本維新の会、こころ=日本のこころ