文字サイズ
    衆議院選挙に関する最新ニュースをお伝えします。

    野田幹事長が辞任表明、蓮舫氏は衆院くら替えへ

    • 民進党両院議員懇談会に臨む野田幹事長(右は蓮舫代表)(25日午後、民進党本部で)=青山謙太郎撮影
      民進党両院議員懇談会に臨む野田幹事長(右は蓮舫代表)(25日午後、民進党本部で)=青山謙太郎撮影

     民進党の野田幹事長は25日午後、党本部で開かれた両院議員懇談会で正式に辞任を表明した。

     東京都議選で惨敗した責任をとった。蓮舫代表は後任の人選を急ぎ、早ければ月内にも決定する方針だ。

     民進党の野田幹事長は25日の両院議員懇談会で、東京都議選惨敗の責任を取って辞任する意向を表明した。蓮舫代表は後任の幹事長などの党人事を月内にも決定する。

     野田氏は懇談会後、記者団に「党のガバナンス(統治)がうまくいかなかったことについては、党務の要である幹事長の責任が重い」と語った。

     一方、蓮舫氏は懇談会の冒頭で「衆院選が1年以内にある。勝つための組織にしていきたい」と強調。次期衆院選では自らが参院からくら替えし、東京都内の小選挙区から立候補する考えを表明した。また、次期衆院選での共産党との共闘については、党内に議論の場を設ける考えを示した。

    (ここまで367文字 / 残り74文字)
    2017年07月25日 21時04分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    読売プレミアムに登録された方 記事の続きへ
    未登録の方新規登録へ
    PR情報
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP