文字サイズ
    衆議院選挙に関する最新ニュースをお伝えします。

    衆院選「来月22日投開票」に…28日解散へ

    • 北朝鮮による拉致被害者の救出を求める「国民大集会」であいさつする安倍首相(同日午後、東京都千代田区で)
      北朝鮮による拉致被害者の救出を求める「国民大集会」であいさつする安倍首相(同日午後、東京都千代田区で)

     安倍首相は、28日に召集される臨時国会の冒頭で衆院解散に踏み切り、「10月10日公示―22日投開票」の日程で衆院選を行う意向を固めた。

     内閣支持率が回復基調にあることや、民進党の混乱が続いていることなどを考慮した。2019年10月の消費税率10%への引き上げ時の増収財源の使い道について、国の借金返済から幼児教育無償化など子育て支援の充実に変更することを争点に掲げる方針だ。自衛隊の根拠規定を明記する憲法改正も訴える。

     首相は公明党の山口代表や自民党の二階幹事長に、すでにこうした意向を伝えた。山口氏は17日、訪問先のロシアで記者団に「常在戦場の構えで臨んでいくべきだということは、かねて申し上げてきた通りだ」と語った。首相は国連総会出席などのため18日に訪米する前にも山口氏と会談する予定で、帰国後に北朝鮮情勢などを踏まえ、最終判断する。

    (ここまで371文字 / 残り761文字)
    2017年09月18日 06時07分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    読売プレミアムに登録された方 記事の続きへ
    未登録の方新規登録へ
    PR情報
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP