文字サイズ
    衆議院選挙に関する最新ニュースをお伝えします。

    前原代表、四面楚歌…党分裂招き自民圧勝許す

     民進党の前原代表が、敗軍の将として窮地に立たされている。

     「安倍1強」に対抗するため、希望の党に合流するという乾坤一擲けんこんいってきの奇策に出たが、かえって党分裂を招き、自民党の圧勝を許した。前原氏は30日にも引責辞任し、希望入りする意向だが、「四面楚歌そか」の状況下で、当面は雌伏の時を過ごすことになりそうだ。

     「民進が、希望と立憲民主に分裂したことで、自公が『漁夫の利』を得てしまった。ここは大いに反省しなければいけない」

     前原氏は28日、TBSの番組収録で希望との合流を巡ってこう振り返り、自身の見通しの甘さを認めた。

     前原氏の目算が狂った理由として「衆院選前の合流を焦り、希望の小池代表の真意を見誤った」(党関係者)との指摘がある。前原氏も「賭けのようなものだった。みんなで合流したいと思ったが、約束を守れなかった」と語り、調整が不十分なままの見切り発車だったと述懐している。小池氏が掲げた「排除の論理」は、「数人程度の拒否で済む」(前原氏周辺)と踏んでいた前原氏の予想を大きく上回る厳しいものになった。これに反発した枝野幸男・元官房長官らリベラル系が立憲民主党を結党し、野田佳彦・前首相や岡田克也・元代表らが無所属での出馬に踏み切るなど民進系勢力が3分裂し、自滅につながった。

    (ここまで549文字 / 残り469文字)
    2017年10月29日 08時50分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    読売プレミアムに登録された方 記事の続きへ
    未登録の方新規登録へ
    PR情報
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP