現在位置は
です

本文です

自民、結党以来の大敗北…政権交代へ

 自民党は1955年の結党以来、初めて衆院の第1党から転落し、政権の座も失うことになる見通しだ。歴史的な大敗からの立て直しが課題となるが、議席を失った有力者も多く、壊滅的な打撃を受けた党勢の回復は容易ではなさそうだ。

 自民党は今回の敗北を、「内閣支持率が低迷する中、民主党が掲げた『政権交代』に対抗する主張を展開できなかったのが原因だ」と受け止めている。

 安倍元首相、福田前首相がともに約1年で政権を投げ出し、自公政権への信頼が大きく揺らいでいたところに、麻生首相が就任直後から誤読や失言を繰り返し、内閣支持率は何度か20%を切るまで落ち込んだ。首相は党内の「麻生降ろし」を抑えて衆院解散にこぎつけ、選挙戦では民主党の政権担当能力の欠如を指摘した。しかし、小泉元首相が進めた構造改革で従来の支持基盤を失い、足腰が弱った同党には、劣勢は挽回できなかった。

 党内には、「政・官・財が結びつき、経済成長で得た『果実』を国民に分配するような長年の自民党政治は、すでに『制度疲労』を起こしていた」という指摘もある。菅義偉選挙対策副委員長は30日夜のフジテレビの番組で、「自民党は長年、政権の座にいて、ぬるま湯の中にいた部分がある。国民の目線から遠くなっていた」と述べた。

 麻生首相が退陣を表明すれば、自民党は直ちに総裁選実施の準備に入る。首相指名選挙を行う特別国会は9月中旬に召集される見込みで、それまでに新総裁を決めたい考えだ。

 総裁選については、「党員・党友も参加し、全党一丸で出直すべきだ」とし、正式な選挙を行うべきだという声がある。ただ、「党員投票のはがきをやりとりするのに最短でも12日間は必要だ」(幹部)という事情があり、9月中旬までの実施は難しいと見られている。このため、両院議員総会での臨時の総裁選にならざるを得ないという見方が出ている。党幹部は、31日にも対応を協議する考えだ。

 「ポスト麻生」には、舛添厚生労働相、谷垣禎一・前政調会長、石破農相らの名前が挙がっている。新総裁にとっては、来年夏の参院選での勝利が当面の目標となる。鳩山政権が初めて編成する2010年度予算の財源などを国会で厳しく追及する構えだ。

 ただ、議席数が大幅に落ち込んだ状態で野党に転落することになり、党が求心力を維持するのは容易ではなさそうだ。

2009年8月30日21時17分  読売新聞)
現在位置は
です