現在位置は
です

本文です

保守意識?首相、国旗切り張り批判繰り返す

 麻生首相(自民党総裁)は20日、鹿児島、熊本両県の計6か所で街頭演説し、民主党が国旗を切り張りして作った同党党旗を集会で掲げた問題を繰り返し批判した。

 民主党に対する反発を誘い、保守票を呼び戻す狙いがあるようだ。

 首相は演説で、「日の丸をひっちゃぶいて(引き破いて)、二つくっつけた。日の丸をふざけたような形で利用するなんてとんでもないと、もっと怒らにゃいかんのです」などと強調。「我々は真の保守政党。家族、郷土、日本、日の丸をきっちりと守る」と述べた。

2009年8月20日23時56分  読売新聞)
現在位置は
です