文字サイズ
    「秋元康の1分後の昔話」&「AKBギャラリー」

    正しい「力の抜き方」

    ポスト小嶋陽菜

    • 画・坂本真凛
      画・坂本真凛
    • 坂本真凛
      坂本真凛

     AKB48グループのような大所帯になると、選抜メンバーになるために熾烈しれつな競争を勝ち抜かなければいけない。歌やダンスやMC(トーク)の力をつけるために、並々ならぬ努力をするわけだが、その努力が報われるとは限らない。世の中には、歌やダンスやMC(トーク)がもっと上手うまいアイドルが大勢いるからだ。AKB48グループにとって、一番、大切なのは個性だ。他の誰かとは違う何か。

     誰もがセンターを目指す中で、前田敦子は「センターにはなりたくない」と言って泣いた。大島優子は外見とは裏腹な男っぽいキャラクターで体育会系のスターになった。渡辺麻友は、サイボーグと称されるほど完璧なアイドル像を確立した。高橋みなみは、いつしか、300人余りをまとめる指導力を発揮した。松井珠理奈は11歳で選抜入りした超エリートだ。指原莉乃は、スキャンダルをバネに、持ち前のアドリブ力、プロデュース力で総選挙2連覇を成し遂げた。島崎遥香は、ファンとのコミュニケーションが大切なアイドルにおいて、“塩対応”という独自路線で人気を得た。山本彩は、類いまれなる歌唱力でアイドルとアーティストの二足の草鞋わらじを履こうとしている。泥だらけの原石は、意外なところから輝き始める。

     2月22日にAKB48の卒業コンサートを終えた小嶋陽菜の個性は、「脱力感」である。すべてにおいて、必死さに欠ける。どこか、飄々ひょうひょうと浮遊するようなアイドルだ。本当は陰で努力をしているのだが、そんな様子はおくびにも出さない。競争社会で、競うことを放棄した唯一無二の存在である。「小嶋陽菜が嫌い」というアンチがいないのも個性である。17歳でAKB48のメンバーになってから、12年間、選抜メンバーでいた彼女は、卓越したスタイルとファッションセンスで多くの女性ファンを獲得した。笑いのセンスの良さもAKB48グループ随一だと思う。

     小嶋陽菜の「脱力感」は照れである。その照れこそが敵を作らず、ここまで一線でいられた要因だろう。

     AKB48グループに、「ポスト……」という概念はない。「ポスト小嶋陽菜」はいない。彼女でしか成立しない存在だからこそ、個性なのだ。小嶋陽菜が卒業した穴を埋めるのは誰だろう? 今まで見たことがない個性が、泥だらけの原石として眠っているだろう。(AKB48グループ、坂道シリーズ総合プロデューサー)

    坂本真凛 さかもとまりん  15(SKE48)

     たくさんの人に笑顔を届けることが夢という8期生。「小嶋さんといえば、にゃんにゃん仮面として総選挙に出たことを思い出すので描いてみました。卒業という決心をした目と小嶋さんの持つきれいで、かわいらしい感じを出せるよう意識しました」

    安田叶 やすだかな  14(AKB48)

     昨年12月にお披露目されたばかり。新鮮な感動が伝わってきます。「16期研究生公演初日の1曲目で、みんなが『PARTY』と言う時の絵です。緊張で押しつぶされそうでしたが、声援のおかげで笑顔になれました」

    • 画・安田叶
      画・安田叶
    • 安田叶
      安田叶

    2017年03月06日 05時20分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    PR情報
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP
    ブログ
    アーカイブ