<速報> マレーシアと北朝鮮、金正男氏の遺体引き渡しで合意
    文字サイズ
    Hulu

    「ラプンツェル」3位初登場、勇気と美しさの魅力

    • ©Disney
      ©Disney

     いよいよ22日(水)放送で最終回を迎える「東京タラレバ娘」が、名だたる人気作を押さえて3週連続の1位を獲得。

     アラサー独身女子のリアルな現実を描き、繰り広げられる辛辣(しんらつ)な言葉の数々が「胸に突き刺さる」と話題となっているが、ドラマ本編では見られない出演者たちのオフショット満載の公式インスタグラムも好評で、ドラマの人気に拍車をかけている。

     配信中の第9話ではついに普通の幸せを手に入れた倫子(吉高由里子)。3人それぞれの恋に転機が訪れ、最終話ではどんな怒涛(どとう)の展開をみせてくれるのか注目が集まっている。

     3位には、子どもから大人まで楽しめる大人気ディズニー長編アニメーション「塔の上のラプンツェル」が初登場。新しい世界へ踏み出す“勇気”の素晴らしさを描いた、美しく感動に満ちた物語。

     主人公・ラプンツェルは天真爛漫(らんまん)で愛らしく、ディズニープリンセスの中でも人気が高いが、第二の主人公でもある大泥棒・フリンはディズニー史上最高のイケメンと評されるなど、キャラクターも魅力的。

     素晴らしい映像美で、誰もがその世界観に()き込まれてしまう。ラプンツェルの長い髪の毛の美しさもさることながら、天高くランタンを飛ばす幻想的なシーンには思わず見入ってしまう。「塔の上のラプンツェル」は3月20日(祝・月)までの期間限定配信となるため、ぜひこの機会に楽しんでほしい。

     8位には、地上波では描かれない特別シーンを含めたHuluオリジナル版で先行配信中の「住住(すむすむ)」が登場。バカリズム、二階堂ふみ、オードリー若林がそれぞれ本人役を演じるシチュエーションコメディーで、リアリティーあふれる3人のユルいやりとりが、クセになるほど面白いと話題となっている。

     原案・脚本を手掛けたのはバカリズムで、4月からは原作・脚本・主演を務める「架空OL日記」(日本テレビ、読売テレビほか)を放送終了後から、Huluが独占先行配信することも決定した。人気クリエイターとしてもますます注目を集めそうだ。

    2017年03月17日 05時20分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    PR情報
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP
    ブログ
    アーカイブ