文字サイズ
    Hulu

    笑いと涙の「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」

    • © 2014 MARVEL
      © 2014 MARVEL

     今週は第1話配信以降から徐々に視聴数を伸ばし続けている「ボク、運命の人です。」が2位にランクアップ。

     亀梨和也演じる女運のないサラリーマン・誠が、神と名乗る謎の男(山下智久)が告げる“運命の恋”を信じ、隣の会社に勤めるヒロイン(木村文乃)に猛アタックをするラブコメディー。亀梨と山下が繰り広げる掛け合いが面白いと毎回、話題となっているが、コメディーとロマンチックが絶妙に相交わったストーリーも評判で、誠のまっすぐな(おも)いに心打たれる人が続出するなど注目を集めている。

     5位には、12日(金)からシリーズ第2弾が劇場公開されている「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」が登場。

     「アイアンマン」や「アベンジャーズ」のマーベル・コミック原作で、お尋ね者たちが成り行きで銀河の危機を救うヒーローとなる痛快SFアクション。樹木型ヒューマノイドのグルートや粗暴だけど愛らしいアライグマのロケットなどキャラクラーも魅力的で、笑えて泣けて、爽快なアクションシーンも見応えたっぷりな新たなヒーロー映画となっている。

     今年も「スパイダーマン:ホームカミング」や「マイティ・ソー バトルロイヤル」など新作公開も控える大人気のマーベル映画。

     Huluでは、マーベル映画11作品を期間限定で見放題独占配信中で、この機会にまとめて楽しめる。

     そして、10位には「THE LAST COP/ラストコップ」がランクイン。

     Huluでは大ヒット公開中の「ラストコップ THE MOVIE」と連動した完全オリジナルのanother storyを独占配信中。

     亮太(窪田正孝)と結衣(佐々木希)の結婚にまつわるエピソードや、京極(唐沢寿明)を中心とする横浜中央署メンバー密着取材のエピソードなど、ラストコップの語られざる魅力が詰まっている。Huluから先に見ても映画から見ても、どちらでも楽しめる物語となっている。

    2017年05月12日 05時20分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    PR情報
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP
    ブログ
    アーカイブ