<速報> 西室泰三氏死去、81歳…東芝・日本郵政で社長
    文字サイズ
    「秋元康の1分後の昔話」&「AKBギャラリー」

    【AKBギャラリー】垣根を越えたユニットへ熱い思い

     今回のテーマは、9月24日に開催される「AKB48グループ ユニットじゃんけん大会」。今年で8回目となる「じゃんけん大会」が、これまでの個人戦でなく、グループの垣根を越えたユニットが争う形に変わったのです。

     その結果、出そろった計48のユニットは、組み合わせも人数もネーミングも様々。それぞれの結成までにはドラマがあったようで、イラストから熱い思いが感じられます。

     中でもすごかったのが、STU48の石田千穂さん(15)、石田みなみさん(18)、門脇実優菜(みゆな)さん(14)が組んだ「門石石(かどいしいし)」。そのうち2人のイラストが採用されました。

     「予備選で見事勝つことができて、本選に出場することが決まりました」(石田みなみさん)

     「ここまで来たらやるっきゃない!! 頂点目指して“門石石”頑張る」(門脇さん)

    • 画・石田みなみ
      画・石田みなみ

    • 画・門脇実優菜
      画・門脇実優菜

     STU48からは「寝る前にひつじ数え隊」も出場します。不思議な名前ですね。何でこんな名前になったのか? つい、命名するまでのドラマを想像してしまうことが今回の楽しみですね。ともあれ、メンバーの甲斐心愛(ここあ)さん(13)のイラストからは喜びが伝わってきます。「『寝る前にひつじ数え隊』が本選出場できることがうれしいです。そのユニットは、西川怜さん、千葉恵里(えりい)さん、甲斐心愛で組みました」

    • 画・甲斐心愛
      画・甲斐心愛

     予選でもドラマがありました。STU48の福田朱里さん(18)のユニットは残念ながら敗退しましたが、イラストでエールを送ります。「『やまべとうみべ』というユニットを組んでいました。しかし、SKE48の『おつよい』さんに負けてしまいました。悔しかったですが、たのしかったです。『おつよい』の先輩方には、本戦でも勝ち進んでいただきたいです」

    • 画・福田朱里
      画・福田朱里

     ユニット単位でなく、1人で出場するのはSKE48の白井琴望(ことの)さん(14)とNGT48の菅原りこさん(16)の2人。りこさんには同じグループの大滝友梨亜(ゆりあ)さん(22)、山口真帆さん(21)が「エール・イラスト」を描いてくれました。「ぜひ頑張ってほしいです。一番の応援団になりたいと思います」(大滝さん)、「ソロ枠を勝ち取った新潟の『さくらんぼの妖精』、菅原りこちゃんを描きました。がんばりこー!」(山口さん)

    • 画・大滝友梨亜
      画・大滝友梨亜

    • 画・山口真帆
      画・山口真帆

     ラストはイラストエース、NMB48の西澤瑠莉奈さん(18)。「不安や焦り。ユニットを代表して、じゃんけんをする女の子を描きました。きっとじゃんけん代表に選ばれたメンバーは他のメンバーの分も背負わなければいけないので、とてつもないプレッシャーだったと思います。残念ながら私が入っているグループは予選敗退となってしまいましたが、どのグループが勝ち残るのか…とても楽しみです!」 ドラマとドラマの対決を制するのはどのユニットか? 24日が待ち遠しいです。(祐)

    • 画・西澤瑠莉奈
      画・西澤瑠莉奈

    2017年09月13日 05時20分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    PR情報
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP
    ブログ
    アーカイブ