文字サイズ
    「秋元康の1分後の昔話」&「AKBギャラリー」

    【AKBギャラリー】NGT48おぎゆかの背中に感動!

     今月のテーマは「NGT48 2ndシングル『世界はどこまで青空なのか?』ミュージックビデオについて」。このMVは、新進気鋭の映画監督・山戸結希さんが手がけたもので、センターの荻野由佳さん(18)とNGT48のメンバーの青春群像を鮮烈に描き出しています。メンバーたちも、いろんな魅力を感じ取っているようです。

    • 画・荻野由佳
      画・荻野由佳

     まずは、荻野さん本人の作品から。「初のセンター曲。MVの撮影は自分の全てを(ささ)げたといっても過言でないくらいの気持ちで挑みました。私の全てが込められているMV。多くの人の心に残りますように! NGTメンバー、ファンの皆さん、そして世界中のみんなが幸せになりますように」

     このMVで感動的なのは、荻野さんの目の輝き、生き生きとした動き、そして心の底からの叫びを映し出していることです。「絶対に、絶対にアイドルになるぞ」「私はアイドルに生まれてきたの」――。本人のコメント通り、「全てを捧げた」迫力が伝わってきます。イラストは粗削りですが、力強い筆致に強い思いが感じられます。

    • 画・西澤瑠莉奈
      画・西澤瑠莉奈

     他のメンバーも、「おぎゆか」の気迫に感動したようです。特に、決意のにじむ背中に! 例えば、グループのイラスト・エース、NMB48の西澤瑠莉奈さん(18)。「MVを見させていただいた時に、アイドルになりたい子、アイドルになった先輩、それをとりまく人たち――。いろんな人のいろんな思いがあって、応援してくれる人、そうでない人がいた。本当にシンプルなものだったことを思い出しました」。「おぎゆか」の背中は、「るりりん」に「初心」を思い出させたようです。

    • 画・高橋彩音
      画・高橋彩音

     同じくイラストの名手、チーム8の高橋彩音さん(19)も、「おぎゆか」の背中にひかれたようです。「おぎゆかちゃんのセーラー服がかわいかったです」

    • 画・福田朱里
      画・福田朱里

     「おぎゆか」の(りん)とした表情も様々に描かれています。STU48の福田朱里さん(18)はうつむいた横顔。「今、置かれている環境でどう生きていくのか。MVを見た、それぞれの人の心に強く問いかけていると思いました」

    • 画・宮島亜弥
      画・宮島亜弥

     NGT48の宮島亜弥さん(20)は(たたず)まいとそして目力に引かれたようです。「この曲は本当に元気が出る。前向きな曲、そして、NGT48にぴったりな曲です」

    • 画・岩田桃夏
      画・岩田桃夏

     山戸監督の見事な絵作りも心に残ったようです。NMB48の岩田桃夏さん(16)。「映画みたいなMVでカッコいいなあと思いました!!! おぎゆかさんのまっすぐな感じがすごく伝わってきました。私ももっともっと全力で強い気持ちでアイドルをやりたいと思いました!!!」

    • 画・行天優莉奈
      画・行天優莉奈

     チーム8の行天優莉奈さん(18)。「これはMVの中のシーンです。空とメンバーのシルエットがとてもきれいで、空にむかって指をさしている印象が強かったです」

    • 画・石田みなみ
      画・石田みなみ

     そしてこのMVは、「おぎゆか」のみならず、NGT48のメンバーの魅力を大いにアピールしたようです。「MVの中に小熊倫実(つぐみ)さんが頭をなでられるシーンがありました。めっちゃかわいくて、印象に残ったので、これにしました」とSTU48の石田みなみさん(19)。

      NGT48のメンバーは当コーナーでもおなじみの存在。新曲「世界はどこまで青空なのか?」が大ヒットして、一気にブレイクしてくれればいいのですが。(祐)

    2017年12月13日 05時20分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    PR情報
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP
    ブログ
    アーカイブ