文字サイズ
    「秋元康の1分後の昔話」&「AKBギャラリー」

    【秋元康コラム】楽しみなAKB48の第4期

    2017年を振り返って

    • 画・山根涼羽
      画・山根涼羽

     2017年のAKB48グループを振り返ってみる。

     今年もいろいろあったが、見逃せないのが乃木坂46、欅坂46、所謂いわゆる、“坂道シリーズ”の台頭である。

     乃木坂46は、元々、AKB48の公式ライバルとして結成されたグループなので、両者の人気も実力も拮抗きっこうしていないと成立しないのだが、あっという間にライバルと呼べる存在になった。

     乃木坂46、欅坂46のこの一年の躍進は目を見張るものがあった。AKB48グループのメンバーも大いに刺激になったと思う。これからの展開が楽しみである。

     AKB48グループの2017を振り返ると、「小嶋陽菜の卒業」「プロレスに挑戦」「NGT48荻野由佳、総選挙速報第1位」「総選挙開票イベント、雨のため、初の無観客中継」「指原莉乃 総選挙三連覇」「NMB48須藤凜々花、総選挙で結婚宣言」「NHK『Nコン』中学校の部の課題曲に『願いごとの持ち腐れ』が採用になる」「ユニットじゃんけん大会開催」「瀬戸内七県から生まれたSTU48が始動」そして、「AKB48が誇る王道アイドル、渡辺麻友の卒業」。

     かつての前田敦子の卒業で第1期が終わり、高橋みなみの卒業で第2期が終わり、渡辺麻友の卒業で第3期が終わった。

     渡辺麻友は、自分が信じるアイドル像を守るため、本当にストイックに活動したメンバーである。スキャンダルを嫌いイメージを大切にした優等生である。生活感を払拭ふっしょくし、非日常のアイドルという存在になるために、私生活はベールに包まれたままである。どこに住んでいるのか、仲のいいメンバーすら知らないほどである。

     そんな王道アイドルが抜けたAKB48は今後どうなるのか? 坂道シリーズとどう戦っていくのか? 横山由依総監督と今後の展開について話している時に、彼女がふと言った。「楽しみですね」

     AKB48グループは強いなと思った。

     未来が楽しみであれば、どんな苦労も乗り越えられる。何よりも、その“楽しみなこと”に向かって日々、邁進まいしんするのがAKB48の本来の姿なのだ。

     2018年のAKB48が楽しみである。

     (AKB48グループ、坂道シリーズ総合プロデューサー 秋元康)

    • 山根涼羽
      山根涼羽

    山根涼羽 やまねすずは  17(AKB48)

     「いろんなことがあって楽しかったなって、振り返りました。SHOWROOM選抜がいちばんうれしかったです」。努力家のずんちゃん。SHOWROOMとはネット上の仮想ライブ空間。頑張って配信し続けた成果が出たようです。

    長友彩海 ながともあやみ  17(AKB48)

     茶色い瞳が魅力的な、あやみん。思わず目がうるんだことでしょう! 「せき込んでいた私に、小さな女の子がのどあめをくれました。こんなに小さくても優しい気づかいができることに感動しました」

    • 画・長友彩海
      画・長友彩海
    • 長友彩海
      長友彩海

    2017年12月31日 05時20分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    PR情報
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP
    ブログ
    アーカイブ