文字サイズ
    「秋元康の1分後の昔話」&「AKBギャラリー」

    【AKBギャラリー】STU48「暗闇」 センターゆみりんの感動イラスト

     今月のテーマは「STU48、シングルデビュー」。瀬戸内の新グループの華やかな話題ですが、新曲のタイトルは「暗闇」という意味深なもの。メンバーの想像力を刺激したようです。

    • 画・西澤瑠莉奈
      画・西澤瑠莉奈

     まずは、イラストエース、NMB48の西澤瑠莉奈さん(18)。歌詞から様々なことを感じているようです。「シングルデビューおめでとうございます! 『暗闇』の歌詞を読んだ時に、老若男女の誰にでも当てはめられる葛藤やジレンマなどが表現されていて、いろんな方の心に刺さる曲だと思いました。それに、頭にスッと海が浮かんでくるんです。瀬戸内らしさも出ていて、とてもすてきな楽曲だと思いました。私は秋元先生の作詞が本当に大好きです」。葛藤やジレンマ。それを黒い背景で表現したのでしょう。髪がなびいているのは、海の風を感じているのかな?

    • 画・行天優莉奈
      画・行天優莉奈

     チーム8の行天優莉奈さん(19)は少し違った視点です。「ミュージックビデオの目を開ける場面を描きました。まだ、スタートしたばかりで、不安で、暗闇の中でもがきながらも自分の中にある力が光輝くように決意しているところです。なので、暗く塗りましたが、女の子の周りは少し明るくしています」

    • 画・後藤萌咲
      画・後藤萌咲

     AKB48の後藤萌咲さん(16)は、顔を塗りつぶした女の子にメッセージを込めているのでしょう。「歌詞が今の自分たちに言われているというか、暗闇の中で何かを探せば光が、何かが見えてくる、と思って描きました」

    • 画・土路生優里
      画・土路生優里

    • 画・藪下楓
      画・藪下楓

     STU48のメンバーは歌詞を理解しているためか、より歌詞を深く読み解いて表現してくれました。「『暗闇』はタイトルと真逆で、前向きな曲になっています。暗闇から光が見えることをイメージしました」と土路生(とろぶ)優里さん(18)。また、藪下(ふう)さん(17)は「暗闇の中から光を探しているメンバーの手を描きました」とコメントしています。

    NGT48おぎゆかは静かなライバル心

    • 画・荻野由佳
      画・荻野由佳

     NGT48の2ndシングルのセンター、荻野由佳さん(19)は歌詞に感動しつつも、ライバル心を感じているようです。「『夜よ、僕を詩人にするな』のフレーズがすごく深いなと思いました。私たちNGT48の次にできたグループなので、『負けられないぞ』と、STU48の勢いを見て強く思いました」

    • 画・石田みなみ
      画・石田みなみ

     やはり、待望のデビューはうれしいこと。STU48のメンバーは歓喜に満ちたイラストを寄せてくれています。「ありがたいことに、1月31日に私たち、STU48がデビューさせていただきました。それは応援してくださるファンの方々、歴史を築いてきた先輩方、そして、秋元先生を始め各方面の皆様のおかげだと思います。これからもSTU48全員で力を合わせて頑張っていきたいと思います」と石田みなみさん(19)。

    • 画・瀧野由美子
      画・瀧野由美子

     最後は、この曲のセンターの瀧野由美子さん(20)の心のこもった一枚です。「STU48ができて約11か月。まだまだ短い期間ですが、うれしいこと、楽しいこと、そして悔しいこと、悲しいことがたくさんありました。私は、この大好きな瀬戸内で、大好きなメンバーとデビューすることができて、とても幸せです。このCDは、一生の宝物です。あと、人物を描くのって難しいですね」。いえいえ、雰囲気は出ていると思いますよ。とにかく、この「初心」を忘れずにグループともどもビッグになってもらいたいものです。(祐)

    2018年03月14日 05時20分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    PR情報
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP
    ブログ
    アーカイブ