文字サイズ
    カンヌ国際映画祭2018

    「未来のミライ」世界初上映、家族の戸惑いに共感

    上白石萌歌さんは仏語であいさつ

    • 監督週間で上映された「未来のミライ」の細田守監督(左)と上白石萌歌さん
      監督週間で上映された「未来のミライ」の細田守監督(左)と上白石萌歌さん

     カンヌ国際映画祭もいよいよ終盤。16日は、監督週間に出品されている細田守監督のアニメーション映画「未来のミライ」のワールドプレミア上映が行われました。日本では7月20日公開。配給する東宝の関係者も、「きょう初めて見ました」とのことで、まさに出来立てほやほやの作品。待望の新作をいち早く見ようと、熱心な映画ファンが会場の前に長い列を作っていました。

     「未来のミライ」は、妹が生まれて戸惑う4歳の男の子・くんちゃんを主人公にした物語。くんちゃんの声を上白石萌歌さんが担当。ほかにも、黒木華さん、星野源さん、麻生久美子さん、役所広司さん、福山雅治さんら、そうそうたる顔ぶれが声の出演をしています。

     上映前に取材に応じた細田監督は、「アニメーションという技法で作れば、(実写の)映画ではまだ表現されていない人生の“何か”を表現することが可能なのではないかと、常に意識して映画を作っています。模索しながら苦しみながらやっている過程で、この作品もその一つです」と誠実な姿勢を打ち明けてくれました。上白石さんは「(2006年公開の『時をかける少女』以降の)12年間が認められての、“今”なんだろうなと思います。これからの監督の作品も楽しみだなと思います。おめでとうございます」と、自分のことを棚に上げて、細田監督のカンヌ初参加を喜んでいました。

    • フランス語で舞台あいさつをする上白石萌歌さん
      フランス語で舞台あいさつをする上白石萌歌さん
    • 上映終了後、観客の拍手、歓声を浴びる細田守監督(左)と上白石萌歌さん
      上映終了後、観客の拍手、歓声を浴びる細田守監督(左)と上白石萌歌さん

     公式上映の舞台あいさつでは、上白石さんがフランス語で、「みなさん、こんにちは」「お会いできてうれしいです」などと語りかけ、会場を沸かせました。実は日本を出発する前から練習を始め、公式上映の直前まで「唱えていた」そうです。

     弟や妹ができた時の上の子のいらだちや戸惑い、それに伴うママとパパの悩みなど、映画が扱うテーマは世界共通なのでしょう。上映中には、心当たりがある、と思われるシーンで何度も笑いが起こり、終了後には熱烈といっていいほどの拍手が送られていました。

     細田監督は「生まれたばかりの作品を、みんなで祝福してくださった。映画祭というのは、素晴らしい場所だと思いましたし、カンヌの器の大きさ、懐の深さを感じて、改めて光栄だと思いました」と感無量の様子。現場に居合わせた記者も、感動をお裾分けしてもらいました。(田中誠、写真も)

    「未来のミライ」公式サイト

    http://mirai-no-mirai.jp

    <最新映像 予告(2)(90秒)>

    https://youtu.be/CbxrLU0HnVs

    「新しい才能出現」との声も…「寝ても覚めても」
    松岡茉優さん感涙…「万引き家族」公式上映
    スマホ越しのゴダール監督会見、記者たちも興奮
    自宅軟禁中のセレブレンニコフ監督作品を上映
    情報流出阻止と「優雅でないこと」の禁止
    ブランシェット委員長、さすがの切り返し
    写真で見る 第71回カンヌ国際映画祭

    2018年05月17日 16時00分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    PR情報
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP
    ブログ
    アーカイブ