文字サイズ

    「自転車の伊豆」アピール、伊選手招きレース

     静岡県は、2020年東京五輪の自転車競技会場の候補地の一つとなっている同県伊豆市で、来年秋に本格的なロードレースを開催する方針を決めた。

     自転車競技が盛んなイタリアの選手を招いて「自転車の伊豆」を国内外にアピールし、五輪開催をたぐり寄せるのが狙いだ。

     五輪の自転車競技の会場は、整備費削減を目的に既存施設への会場変更が検討され、伊豆市の自転車専用トラック「伊豆ベロドローム」は候補地の一つ。同県は今年初めから、世界3大ロードレースの一つ「ジロ・デ・イタリア」の開催地・イタリアに協力を呼びかけ、ロードレース開催を模索してきた。

     今年8月下旬には県副知事が、伊北東部のフリウリ・ベネチア・ジュリア州に渡り、地元ロードレースにも参加。州関係者と会い、来年秋のレース開催がまとまった。県の構想では、「伊豆ベロドローム」を主会場に、伊豆半島の名所を巡るレース。イタリアのトップ選手を招待するほか、国内の有力選手も参加する予定だ。

    (ここまで411文字 / 残り57文字)
    2015年09月06日 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    読売プレミアムに登録された方 記事の続きへ
    未登録の方新規登録へ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP

    目力アップ♪

    疲れをほぐして、イキイキと!