文字サイズ

    首相「福島を水素エネ開発拠点に」…五輪で活用

    • 福島県の視察を終え記者の質問に答える安倍首相(5日午後2時24分、福島県楢葉町で)=川崎公太撮影
      福島県の視察を終え記者の質問に答える安倍首相(5日午後2時24分、福島県楢葉町で)=川崎公太撮影

     安倍首相は5日、福島県を水素エネルギーの技術開発拠点とする「福島新エネ社会構想」を発表した。

     風力発電などで燃料電池車1万台の年間使用量に相当する水素を毎年製造できるよう、2020年までに体制を整える。福島で製造した水素は20年東京五輪・パラリンピックでも活用する。福島県や電力会社も加えた官民合同の構想会議を月内に設置し、具体的な計画づくりに入る。

     構想では、同県内の風力発電所などから1万キロ・ワット級の再生可能エネルギーを集め、水を電気分解して水素を製造する。液化水素の効率的な輸送技術なども開発し、東京五輪で選手らを輸送する燃料電池車に水素を充填じゅうてんしたり、選手村施設の電気エネルギーとして活用したりする。

     水素は燃焼時に二酸化炭素(CO2)を排出しない。しかし、水素の製造過程では現在、石油などの化石燃料が使われることが多く、CO2が排出される。風力など再生可能エネルギーで水を電気分解すれば、CO2削減につながる。

    (ここまで419文字 / 残り146文字)
    2016年03月05日 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    読売プレミアムに登録された方 記事の続きへ
    未登録の方新規登録へ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP

    目力アップ♪

    疲れをほぐして、イキイキと!