文字サイズ

    「横浜」にこだわる小池氏、見直し論議は延長戦

    • バレーボール会場の候補となっている「横浜アリーナ」(読売ヘリから)
      バレーボール会場の候補となっている「横浜アリーナ」(読売ヘリから)

     2020年東京五輪・パラリンピックの会場見直しで、東京都の小池百合子知事は29日、バレーボール会場の結論を「クリスマスまで」先送りすることを4者会談に提案し、了承された。

     「有明アリーナ」(東京都江東区)から「横浜アリーナ」(横浜市)への変更にこだわる小池知事。「着工が遅れるほどコストは増す」との懸念の声が上がる中、見直し論議は「延長戦」に突入した。

     「現時点の考え方を申し述べさせていただきたい」。10分以上遅れて始まった会談で、小池知事は突然、焦点の「水泳」「ボート、カヌー・スプリント」「バレーボール」の3会場について、都の判断から説明し始めた。

     バレーボールについては、横浜開催の可能性を残すため、「しばらくお時間をちょうだいし、クリスマスまでに最終の結論を出したい」と判断の先送りを求めると、大会組織委員会の森喜朗会長らも了承した。

    (ここまで373文字 / 残り622文字)
    2016年11月30日 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    読売プレミアムに登録された方 記事の続きへ
    未登録の方新規登録へ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP

    目力アップ♪

    疲れをほぐして、イキイキと!