文字サイズ

    横浜市長「都と組織委が決めること」…会場問題

    • 選定先送りについてコメントする林文子市長(29日、横浜市役所で)
      選定先送りについてコメントする林文子市長(29日、横浜市役所で)

     東京都などが進める2020年東京五輪の見直し協議で、バレーボール会場の選定が先送りされたことについて、候補となっていた横浜アリーナ(横浜市港北区)を所有する横浜市の林文子市長は29日、「都と大会組織委員会が決めることだ」と繰り返した。

     有識者で作る都の調査チームが今月、有明アリーナ(東京)を新設する案と横浜アリーナへの変更案を示して以降、競技団体からは「有明支持」が相次いでいた。このため、林市長は「競技団体などが納得できる結論を出すため、都も一生懸命だ」とし、「(対応が)遅いとは言えない」と述べるにとどめた。

     同市幹部は「思惑が異なる都や競技団体、組織委員会などに配慮して、市は慎重な対応をせざるを得ない」と明かした。

     横浜アリーナは10月以降、国際オリンピック委員会(IOC)や都の担当者らが3日間にわたって視察。会場として使う際には、仮設練習場などの整備が必要になる。市は今後、会場となった場合の費用負担も含め、都との調整を急ぐ考えだ。

    2016年11月30日 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP
    2018年を彩るカレンダーをプレゼント!