文字サイズ

    五輪バレー「横浜アリーナ開催は困難」…林市長

    • バレーボール競技の横浜開催は困難とする見解を示す林文子・横浜市長(7日、横浜市役所で)
      バレーボール競技の横浜開催は困難とする見解を示す林文子・横浜市長(7日、横浜市役所で)

     2020年東京五輪・パラリンピックのバレーボール会場の候補地となっている横浜アリーナ(横浜市)について、同アリーナを所有する横浜市の林文子市長は7日、定例記者会見で「開催は困難」との考えを明らかにした。

     競技団体の理解が得られていないためで、バレーボール会場は、現行計画通り有明アリーナ(東京都江東区)を新築する見通しとなった。

     林市長は「(競技団体に)納得してもらうには時間が短く、開催はかなり難しい」と述べた。この日は、同市役所で、都の調査チームの上山信一慶大教授や都の担当者と市の担当者が、横浜案の課題を検討したという。

     林市長の発言を受け、日本バレーボール協会関係者は「横浜アリーナ開催は技術的に難しいことが当初から言われていた。有明アリーナの実現に向けて、小池(百合子)都知事は早期に決断してほしい」と求めた。

    (ここまで361文字 / 残り422文字)
    2016年12月08日 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    読売プレミアムに登録された方 記事の続きへ
    未登録の方新規登録へ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP

    目力アップ♪

    疲れをほぐして、イキイキと!