<速報> 千葉知事選、森田健作氏の3選が確実に
    文字サイズ

    バレー会場は「有明」…横浜断念の理由明言せず

    • 記者会見で東京五輪のバレーボール会場について有明アリーナを新設することを発表する小池都知事(16日午後2時2分、都庁で)=田村充撮影
      記者会見で東京五輪のバレーボール会場について有明アリーナを新設することを発表する小池都知事(16日午後2時2分、都庁で)=田村充撮影

     2020年東京五輪・パラリンピックのバレーボール会場について、東京都の小池百合子知事は16日の定例記者会見で、既存施設の「横浜アリーナ」(横浜市)への変更を断念し、現行計画通り「有明アリーナ」(東京都江東区)を新設すると発表した。

     見直し対象となった3施設はいずれも現行計画の縮減案となり、整備費は計412億~427億円削減される見通しとなった。

     横浜アリーナについては、地元・横浜市が「困難」との見通しを示し、競技団体も反対していた。小池知事は断念した理由を明言せず、「都が見直した会場については、これをもって結論とする」と述べた。有明アリーナの整備費は現行の404億円から339億円に圧縮し、完成後は、運営権を民間業者に売却する「コンセッション方式」を導入する。年明けに民間業者から運営方法のヒアリングを行うという。

    (ここまで361文字 / 残り344文字)
    2016年12月16日 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    読売プレミアムに登録された方 記事の続きへ
    未登録の方新規登録へ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP