文字サイズ

    「発想転換するチャンス」小池都知事が整備構想

    • 記者会見で東京五輪のバレーボール会場について有明アリーナを新設することを発表する小池都知事(16日午後2時、都庁で)=田村充撮影
      記者会見で東京五輪のバレーボール会場について有明アリーナを新設することを発表する小池都知事(16日午後2時、都庁で)=田村充撮影

     東京都の小池百合子知事は、2020年東京五輪・パラリンピックのバレーボール会場を現行案通り有明アリーナ(東京都江東区)とし、周辺をスポーツやイベント会場が集まる「有明レガシーエリア」として一体整備する構想を打ち出した。

     有明案を希望していた競技団体や関係者からは、一様に安堵あんどの声が漏れた。

     「発想を転換するチャンス」。小池知事は記者会見でこう述べると、新構想について説明した。有明アリーナが新設される有明北地区には、東京大会の体操やテニス会場もある。構想では、大会後にスポーツクライミングやパラリンピックの5人制サッカー(ブラインドサッカー)の会場も移設。体操会場は展示場として活用し、新たに大型商業施設なども整備する。小池知事は、「この地域はスポーツとイベントの地に変わる」と力説した。

    (ここまで350文字 / 残り207文字)
    2016年12月17日 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    読売プレミアムに登録された方 記事の続きへ
    未登録の方新規登録へ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP

    目力アップ♪

    疲れをほぐして、イキイキと!